旦那の生活音のデカさにうんざりの深夜。

夜中の1時。

私は3時間前に夢進と一緒に眠りについたのに、

旦那の生活音(ドアの開け閉め、足音など)が素晴らしく大きく、それに起こされてしまった。

私を起こした当の本人は、すでに半目で寝ている。

こーゆー小さなところにも、気配りできるかどうかって、

男の器が試されるところだと思うのは私だけだろうか?

「俺は遅くまで仕事してたんだから仕方ないだろ」という男はクソだ。

「せっかく寝てたのに、起こしてごめんね」と言える男は、例え生活音うるさくても、

逆に「夜遅くまでありがとね」と言いたくなるものだ。

さぁ、明日の朝、健一が何と言うか。。。

楽しみじゃな。

っというしょーもないブログを、眠れなさ過ぎて書いている深夜2時。涙