この生き方、辞められん。

今日は健一が名付け、週に1〜2日強いられている、通称「のりけんデー」。

この日に他の予定を入れようものなら激ギレされるくらい、

健一は楽しみにしている、

家族三人水いらずでゆっくり過ごす日だ。

わたし的には、ただでさえ他の家庭よりも一緒にいる時間長いんだから、

わざわざそんな日作らなくてもいいし、

その分もっと働けばいいやん!と思ってやまないのだが、

彼にとっては、何を犠牲にしてでもまずは一番大事にしないとダメな日らしい。

今日は夢進のお昼寝ついでに三人でベッドでゴロゴロしながら

今後の方向性を話し合った。

わたし達は夫婦で会社をしているから、

というより正しくはお互いのやりたい事を一つの会社にしてしまっているから、

自分たちの将来像も見据えながら、会社をどうやって展開していくかの話になるんだけど、

二人とも、「どうやったら儲かるか」を主軸に考えれない。

「どうやったらオモロくなるか」

「自分たちの使命は何なのか?」

「自分たちだけじゃなく、みんなで一緒に上がっていけることは何か?」

を考えてしまうので、話が余計にややこしくなるし、

儲けを後回しにしてしまいそうになることもある。

でもやっぱりわたしはお金好きだし、旦那さんに稼いで欲しいから(笑)

「がっぽり稼いでー♡」なんてリクエストも、もちろんする訳で。

そしたら健一から

「のりこさ、俺たちがやってることは、ある意味一番難しいことやで。

本当にがっぽり稼ぎたいなら、お金動かして投資やFXに集中したらイイんだから。

でも俺たちは実働で、しかもゼロから資産築こうとしてるんだから!一番難しいことをやってるって自覚持った方がええで。」

と言われてしもうた。

なるほど、、、、、

確かにそうかもしれない。

わたしは会社やどこかに属すのが好きじゃないからずっとフリーで仕事してきたし、

両親も、そのまた実家も自営という環境で育ってきたので、

自分で何かを興して、そこからお金を生み出すということが、

ものすごーく当たり前だと思っていた!

でも確かにそー言われてみたら、

どこかに勤めたらお金は稼げる訳だし、

わざわざそんなことしなくても良いことだよなぁー!!

そっか私たち、わざわざめっちゃ難しいことしてるんやなぁ〜。なんてこった!

と、唖然としてしまったのである。笑笑

世の中の常識は非常識。と言うが

わたしにとっては自分のこれまでの生き方も、

結婚し夫婦で歩んでいる今の生き方も、

全部楽しくワクワクする選択を繰り返してきただけなんだけど、

一般的に見たら、わざわざ面倒なことに挑むクレイジーな生き方なのかもしれないな。

でも、辞められん。