ヘソの緒と胎盤の行方。

のりけんの今回のハワイ生活、早いものであと数日となりました。

最近は私の体調も絶好調だし、夢進もちょっとずつお出かけに慣れてきたので

日本に帰る前に行きたい所に行き、会いたい人に会うことをしています。

先日は車を借りて、ノースショアまで行ってきました。

目的は、夢進と私をつないでいたヘソの緒と胎盤の皮の部分をハワイの土地に埋めるためです。

ちなみに夢進は4200gというビックベイビーでしたが、彼に栄養を与え続けた私の胎盤もまた、かなりの大物でした。笑

その胎盤は、出産してすぐにDr.ロリーが、少しだけお刺身みたいにスライスにしてくれて冷蔵庫に入れておいてくれました。

けんいちは面白がっていろんな味付けを試し、オリーブオイル+塩の味付けが1番おいしい!と言って食べてました。

「いやいや、栄養を取るべきなのは私だからね!!なんでけんいちが貴重な胎盤食べるのよ!」と言いながらも

産前から食べることを楽しみにしていたので、おすそ分けしてあげました。

残りの胎盤は、カプセル型のサプリメントにしてもらうように依頼。

今後、私や夢進が体調崩した時、このサプリメントが何よりもの特効薬になってくれることでしょう。

そしてヘソの緒と胎盤の皮の部分は、きれいに乾燥させた状態で私たちのもとに戻ってきたのですが、

ずっと保管しておくのも微妙だし、かといって日本に持ち帰り庭に埋めるのも、今の家は借家だしなぁ~

やっぱり夢進が生まれたハワイの土地に還すのがイイし、気持ち良いね!

ということで夢進をとりあげてくれたDr.ロリーの自宅の庭に埋めさせてもらうことに。

ロリーの自宅は通称・ロリー’sファームとは聞いてはいましたが

実際に行ってみたらビックリ仰天!!

まるでジュラッシックパークの世界や、、、と思わず言ってしまったほど

広大な土地に植物が生い茂っていてタイムスリップしたかのような空間。

マンゴー、バナナ、パパイヤ、アボカド、コットン、ライムなどなど

個人宅の庭の領域をはるかに超えていました。

その中からお気に入りの樹の下に埋めたら良いよ!とのことだったのですが

「大きい樹じゃなくて、これから育って行く樹が良いな~」とぼそっと私が言ったところ

ロリーとご主人がアボカドの苗木を持ってきてくれて、それを庭の片隅にヘソの緒&胎盤と一緒に植えることに。

けんいちパパが穴を掘り、そこにヘソの緒&胎盤を入れて、その上に苗木を。

夢進と共に10ヶ月間お腹の中にいて、彼に栄養を送り続けてくれた大切なわたしの分身が土に還り、

今度はアボカドちゃんの栄養になってくれます。

3~5年で立派な樹になるよ!とのことなので、必ずその時期に大きくなった夢進とまた、ノースシュアに戻ってこようと、決意しました。

日本で、病院で産んでいたならば、医療廃棄物として処分されてしまうはずのものなのに

ハワイで、ホームバースという出産を選んだことによって、

こんな風に愛おしく大切に、また次に循環させたい!と思えたことが、本当にありがたくて幸せです。

ハワイで出産して、ほんとに良かった♡