「主体的にコントロールされにいく頑張り」って素晴らしい!!

まだまだ日本全体がそうではないけれど

僕が使ってるSNS界隈では

 

「頑張らなくてええやん」

「ありのままでええやん」

 

的な発疹がが流行っている時期があって

僕もそれに同調していた時期があった。

 

でもまた今は一周か何周か回ってきた感じで

 

「頑張るってかっこええやん!!」

「大いに頑張ったらええやん!!」

 

と思うようになってきた。

 

僕が感じる「頑張る」の大切なポイントは

 

「頑張る」が「主体的」かどうか

 

ということ。

 

「この頑張りは俺が決めてやってんねん!!」

 

という頑張りは多少方向性が間違っていても

自分の血となり骨となる頑張りだ。

 

それが

 

「奥さんがそう言ってるし…」

 

的な主体性のない頑張りは何にも残らないどころか

多分後悔が残るのだと思う。

 

僕は

 

「奥さんに積極的にコントロールされる(愚痴を言いながら)」

 

という主体性を持って頑張っている。(ややこしい)

 

自分でやることを決めて主体性を持ってやる

 

ということに僕はあんまりエクスタシーを感じなくて

 

「これは到底コントロールできひんやろ〜」

 

ということを半ば諦めながら

 

「いや、これはきっとどうせ望んだ通りになる」

 

と決めて不確定要素たっぷりの世界に入ることに

エクスタシーを感じるタイプです。

 

なので人生で一番どうにもならないランキング

 

1位 夫婦関係

2位 子ども

 

というものに興味があるのかもしれない。

 

まとめると

 

不確定要素たっぷりの中で主体的にコントロールされにいきながら頑張る

 

というのが僕の好きな生き方なのかもしれない。

 

てなことをふと感じました。

 

どう考えてもコントロールできない

奥さんののりこに対して

 

「のりこにコントロールされるということを主体的にやる」

 

というマインドセットで頑張ることが

僕にとっての幸せなのだと思いました。

 

そうするとあらゆるめんどくさいことが

 

「ああ、積極的にコントロールされるってなんて気持ちいいんだ!!」

 

という変態的なエクスタシーに変わることがわかってきました。

 

主体的にコントロールされにいく頑張り

 

というのが僕の人生のテーマなのかもしれません。

 

ああ、嫁と息子がかわいい…。

 

この二人にコントロールされる生き方ってなんて素晴らしいんだ!!

 

というブログを書きながら

 

また数日後には

僕はブログで愚痴を書いていることでしょう…。

 

毎日わっしょい❤️のりけん祭り❤️

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です