子どもは人生の相棒

昨日のブログは我が嫁ながらよかったぞ。

のりこ。

のりこのお腹に入りたい…♥

親子関係について、

いろんなことを言う人がいるけれど、

僕の今のところの感覚は

子どもは人生の相棒

的な感じだ。

お父さんと子どもが

まず1番大切にすることは

自分で自分を幸せにすること

(小さい時は思いっきり甘えてくれたらいいけど)

そして次に、

お母さん(奥さん)を大切にすること

だと思う。

子どもにパートナーができた時は、

子どもはそのパートナーを大切にする。

これが自然なことなんやないかな?

そして、お母さんも自分を大切にする。

まずは家族全員が自分を大切にすることが第一。

でもなんと言っても

お母さんのご機嫌は

破滅or平和

くらいに家庭円満の鍵を握っているので、

ご機嫌がよすぎるくらいに

ご機嫌になってもらうくらいでちょうどいい。

お母さんを幸せにすることに関して

子どもは最強の才能を持って生まれてくる。

生前記憶がある子どもは

「お母さんを幸せにするために生まれてきた」

と言う。

(1人くらい’お父さん’て言ってもええのに(笑))

そのくらいだから、

子どもは子どもらしくいるだけで

お母さんを幸せにできる天賦の才能がある。

そういった意味では、

人生経験はあるけれど、

奥さんを幸せにするという意味で

旦那はスタートから不利なのかもしれない。

だからこそ、

「愛夢(我が子の胎児ネーム)先輩、ご指導よろしくお願いします!!」

的なスタンスと

「とうちゃんの方が人生経験があるから、俺の背中見とけよ!!」

的な勝手な男気で、

子どもと接するのがいいのかなと。

生まれる前から

のりけんを進化させてくれる愛夢。

さすがは我が相棒!!

生まれて来たらいっぱい遊んでな〜!!

毎日わっしょい❤️のりけん祭り❤️