相手を責めたくなる時にできるのは、 自分が「頑張る」のをやめることだけ。

昨日もブログもそうだったけれど

僕がどんな気持ちで何をしても

のりこが気にくわないところはあるらしい。

 

なので僕は、

 

「のりこのために頑張る」

 

ことをやめた。

僕は基本的に誰が何をしようが気にしない。

 

誰かが

 

僕の車をぶつけても

僕の家で消火器をぶちまけても

間違って僕の家を燃やしてしまっても

 

相手のことも自分のことも

基本的には

 

「起こったことはしょうがない」

 

スタイルで生きている。

 

それを二度としたくなかったら

しないように工夫をすればいい。

 

だから人のことも自分のことも

次の瞬間には

 

「しゃあない!!次行ってみよ〜!!」

 

と切り替えている。

 

でも人間だから

自分にとって不都合なことが起きたら

感情は揺れ動く。

 

その時は

 

「ムカつくわ〜」

「悲しいな..」

「虚しいわ…」

 

という自分の気持ちは伝えるようにしている。

(言わない時もあるけどね。)

 

それを伝えた上で

相手がどうするかは相手次第。

 

その後一緒に居て居心地が悪いのであれば

その人とは縁がなくなっていくだけ。

 

でも僕がそれをやる時は

自分の気持ちを伝えてからのこと。

 

自分の気持ちも伝えずに

相手に何か行動を求めたり

改善がないとかいうのは

「お門違い」だと僕は思う。

 

言いたいことがあるなら言えばいい

してほしいことがあるなら言えばいい

伝えたい気持ちがあるなら伝えたらいい

 

それをせずに相手に何かを求めて

裏切られた気持ちになるなんて勿体無い。

 

相手の行動はコントロールできない。

できるのは自分の行動だけ。

 

相手に自分を大切にしてもらうことはできない。

(というか、多分すでに大切にしてくれている)

 

自分を大切にできるのは自分だけ。

 

だから相手に何かを求めて

頑張るのはいいけれど、

それが返って来なかった時に、

傷つくのは自分。

 

別に自分で自分を傷つけてもいいけれど

やっぱり自分を大切にできるのは自分だけ。

 

「こんなに頑張っているのに!!」

 

と相手を責めてしまう時もあるけれど、

いつもコントロールできるのは自分のことだけ。

 

だからまずは

「頑張っている」自分に気が付いて

「頑張る」ことをやめてみよう。

 

相手を責めたくなる時にできるのは、

自分が「頑張る」のをやめることだけ。

相手に「求める」ことをやめることだけ。

 

なんか長々書いてるな…。

 

ブログを書きながら、

自分で自分に

そう言い聞かせている

けんいちなのであった,,,。

 

 

毎日わっしょい❤️のりけん祭り❤️

2 COMMENTS

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です