男も気乗りのしないことはしない!!

最近の僕の悩みは、

 

「どれだけ家事や運転をしてものりこの機嫌が悪くなる」

 

というものだった。

というか10やったとしても

僕の1のミスが裏目に出て

僕ものりこも機嫌が悪くなることが多かった。

 

これでは僕があくせく何かをしても

お互いにとってよくない。

もし1日のりこが思う完璧に僕ができたとしても

(そんなことは今まで一回もない)

それはそれで僕にストレスが溜まることがわかってきた。

 

僕が絶対的にやりたいのは

 

水回りの掃除

 

ぐらいだ。

 

洗濯と掃除

 

については

 

まあ気乗りしたらやるかな

 

てな感じ。

 

水回りの掃除はのりこに何か指摘されたこともないし

僕もやらないと気が済まない感じだ。

 

でも

 

料理

運転

 

 

この2つは今ままでの経験上

どうやったって何か足りないことを指摘されるし

完璧にできたとしても(そんなことは一度もない)

「失敗したらまたのりこを不機嫌にさせてしまう」

というプレッシャーの中でやることになるので、

僕の疲労感が半端ないのだ。

 

野球で例えるなら、

 

「積極的に盗塁しろ」

 

と言われた足の遅い選手が

果敢に盗塁をしてアウトになったら

 

「スタートも足も遅い!何をしてるんだ!」

 

といった感じで果敢にチャレンジしたことさておき

監督を怒らせてしまうような感じだ(笑)

 

そんな時に足の遅い選手がするべきことは、

 

苦手な盗塁をして監督に怒られ続けること

 

ではなくて、

苦手にもちょっとずつ取り組みながら

 

得意のバッティングでそれ以上に結果を出して貢献すること

 

だと僕は思う。

 

なので、これはのりこにもそうしてほしいのだけれど

 

気乗りのしないことはしない

(その上で相手にそれをお願いして感謝する)

 

ということを僕も徹底していこうと決めた。

 

誰が何をやる

 

かはあまり重要ではなく、

 

どうすればお互いが気持ちよく一緒にいられるか

 

の方がはるかに大切だ。

 

だから僕は

 

運転

料理

 

この2つは

 

よっぽど気乗りした時

のりこができないなんらかの事情がある時

 

以外はしないことに決めた。

 

まあこれも一時的な取り組みかもしれないけれど

何でもとにかくやってみないとわからないものだ。

 

これでお互いが気持ちよくいられなかったら

それはその時でまた別の方法を考えよう。

 

お互いが幸せでいれる形は何か

 

このことを考えることを大切に

毎日わっしょいしていこう♪

 

 

毎日わっしょい❤️のりけん祭り❤️

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です