やったことを認めて欲しいとは別に思わないけれどけなされたくない男心

もはや完全に僕をディスる流れになっているカミさんののりこのブログ。

 

まあとにかくのりこにはご機嫌でいて欲しいので、

ブログの内容は好きにしてくれたらいいんだけれど、

ちょっとだけ反論,,,

というか「あるある」な男心をみなさんにシェアしたいと思う。

 

電気を消さなかったり、

ティッシュを机に置いて置いたりすることが

ブログでディスられているけれど、

これに関しては、

 

「すいません!!」

 

の一言だ。

これだけ切り取ったら、何の反論の余地もない。

 

ただ僕が一つ言いたいとするなら、

 

毎朝トイレの電気がついているのは僕が毎朝トイレ掃除をしているから。

運転技術を毎回怒られるのは何とか僕が下手くそながら自分で運転しようとしているから。

 

というところが抜け落ちてて、

僕がのりこにとって悪いことだけしているみたいに捉えられていて

やるせなくなるということだ。

 

今日も僕が家にいたので全ての家事を一人でやったけれど、

そこに対するコメントは一切なし。

でも、電気がついていることだけは怒られる。

 

これではさすがに僕もストレスが溜まる。

 

そして、こうやって家事をしている以上は仕事に集中できない。

我が家の現状は、

権利収入はあるものの

毎月それだけではリッチな暮らしはできないので、

あとは僕が実働して稼いできてる感じ。

もちろん今はどんどん不労所得を増やしているので、

経済的にははどんどん楽になって言っている。

 

でも現状は、

 

自分が動かないと収入が減る

 

という、

やんわりとしたプレッシャーの中で家事もやっている。

 

家事をすることを褒めてもらわなくても全然いいと僕は思っている。

家事も仕事も男女の区別で分ける必要はないと思っている。

家のこともやって当たり前だし、

気づいた人が、やれる人がやればいいと思っている。

 

ただ、家事も仕事も自分の中で毎日工夫してやっていることを

 

ディスられる

 

ことしかなかったら心が折れそうになるのである…。

そんなことが重なった時、僕も人間なのでキレてしまうのである。

 

「俺はこんなにやってるのに、のりこ怒られてばっかりで自分が情けない!!」

 

この前もこんな感じでキレてしまった。

 

そして、そんな僕を見てそれ以上にのりこがキレてしまった(笑)

 

 

おそらくこんな感じのことはしばらく続くのだろうけれど、

やっぱりパートナーシップで変えられるのは「自分」だけ。

 

僕は多分、

まだまだ「やってやっている感」で

家事も仕事もやっているのだろうし、

のりこから感謝されないのは

僕が口では言っているけれど

のりこへの感謝が足りないのだと思う。

 

でも自分の感情を我慢することはないと思う。

 

「これをやれ」

「これをやるな」

 

という風に相手をコントロールすることはできないけれど、

 

「自分の感情を伝える」

 

ということはできるです。

そして、相手に嫌な感情を味合わせたことを謝ることもできます。

 

そのエンドレスの繰り返しで、

二人のパートナーシップが形になって行くんだと思う。

 

結論、

 

男は黙って現実で示せ!!!!

 

という感じのテーマで、

ブログで男の言い訳をしながらも、

これからもパートナーシップを楽しんでいきたいと思います(笑)

のりけんデイズは続く…。

 

 

毎日わっしょい❤️のりけん祭り❤️

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です