パートナーシップは面倒くさい。

前回のブログで綴った
女友達から浴びせられた衝撃的な言葉。

https://noriken.com/2018/09/21/kurekureseijin/

それ以来、人間関係において
クレクレ星人(他人から承認の言葉を引き出そうとする面倒くさい人種)
とは距離を置くというスタイルをとってきたわたし。

しかし数日前、ちょっとした小競り合いをきっかけに
キレたけんいちから浴びせられた言葉が
このときとほぼ同じだった。

「オレがどれだけ頑張っても、稼いでも、
のりこはちっとも喜んでくれないし、
感謝もしてくれないし、
褒めてもくれない!
オレ、そんなんじゃあ、やり甲斐ない!!」

と言われたのだ。

もうね、数年前の出来事とかぶりまくっていて
しかもそれをパートナーから言われるという驚き。

なぜなんだろう…?
周りはわたしに言葉を求めるけれど
わたしはその想いにまったく共感できないんだろう…?

とめっちゃくちゃ内観させられた。

行き着いた答えは
わたし自身が他人からの承認の言葉によって
動くタイプじゃないからだと感じた。

というかむしろ、
他人からの言葉なんて、どうでもいい派。

自分がやりたいから、やる。
頑張りたいから、頑張る。
稼ぎたいから、稼ぐ。
尽くしたいから、尽くす。

以上、終わり。
なのである。
わたしという人間は。

自分が自分に素直な気持ちで行動する。
これが小さい頃からのわたしのスタンダードなのだ。

だから、その結果、
周りがわたしのことをどう評価していようが、
どんな言葉をかけられようが、
その言葉がいい言葉でも悪い言葉でも
あまり気にしない。

だから、言葉を求めて来る人の気持ちが
さっぱり、微塵もわからないのである。

でも、これが友人なら距離を置けばいいけど
夫婦となれば、やっぱり話は別なのだ。

一番難しくて、理解できなくて、面倒くさい。。。

パートナーシップと向き合うって、
並大抵の気持ちじゃぁ出来ないね…

毎日わっしょい♥のりけん祭り♥

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です