「夫婦は互いを映し出す鏡」ならば…

夫婦は一対。

お互いを映し出す鏡。

近頃、ほんとうにそれを実感する。

昨日は、めずらしくけんいちのお父さんが
ほんの30分程度だったけど
我が家にやってきた。

けんいちとお寺さんに出かけた帰りに
寄ってくださったのだ。

誠実で、仕事ができて
ほんとうに真面目なお父さん。

久しぶりにお父さんと二人きりの時間を過ごし
男同士、普段は話さない会話もして
さぞ、親子の距離が近づいただろう・・・

わたしは勝手に
そう勝描いていた(期待していた)けれど
帰ってきたけんいちの表情を感じてみると
そんな感じでもなかった。

なんとまぁ、固い。笑
当たり障りのない
会話のキャッチボールを気遣いながらしている。

決して、こんな表情はしない。

けんいちは時々わたしのことを
『初めて、俺が甘えられる存在なんだよ♪』
と人たらし発言をするけれど

それはほんとうにそうなのかもしれない…
と、両親や兄弟との空気感を見ていると
痛烈に感じてしまう。

本音、言えてますか?家族で!!!

でも、そんな風に
けんいちを映し出しているということは

わたしも両親に言いたいこと言ってそうにみせて
実際はそうではないのかもしれない…

とも感じるのである。

相手を通して、お互いを学ぶ♥

これは夫婦の醍醐味の一つかもしれない…

毎日わっしょい(^o^)のりけん祭り♥