真逆の環境で育ったのりけん。

両親ともに実家(つまり私の祖父母)は

裸一貫から始めた自営業。

がっつり職人気質。

公務員だった父は私が幼い頃に

建築設計士として、自宅で独立開業。

母は祖父が若くして亡くなったこともあり

30代半ばから後を継ぎ

男の職人を抱える経営者に。

という、見事に自営業家系で育ってきた私。

私自身も、会社員はまったく自分の生きる世界では無いと

就職後、半年を待たずにに悟り

23歳からずっと個人事業主として

あまり深く考えずに持ち前の強運と行動力だけで

なんとかやってきたタイプ。

自分一人でも十分人生楽しめるし

経済的にもやっていけるし

結婚のカタチにはこだわりたく無いと思っていたのにも関わらず

ひょんなことから7歳年下の男性から

交際3週間で電撃プロポーズされ

あれよあれよという間に、人妻になってしまった。

しかも旦那様のご両親は

一部上場企業の役員さんと元教員。

わたしが育った環境とはまさに真逆。

なぜ、そんな二人が夫婦になったのか?

そこにはどんな壮大な役割があるのだろう?

と、最近やけに考えてしまう。

だれか、教えてー!笑笑

今日も嫁愛が半端ないけんいち

毎日わっしょい????のりけん祭り????

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です