パートナーシップとは「で、自分はどうしたいの?」の繰り返し

のりけんが結婚してはや7ヶ月が経とうとしています。

結婚したらどんな家庭もそうなのかもしれませんが、本当にいろいろあった7ヶ月‥。

 

時には怒鳴り合いのケンカもしたし

「もう実家に帰ります!!」とのりこが宣言したこともあったし

実際にけんいちが家出したこともありました(笑)

 

でもそんなこんななカミさんとの関係で、

いつも問いかけられるのは、

 

「で、俺はどうしたいの?」

 

という問いです。

パートナーはどこまでいっても自分の写し鏡でしかありません。

そうである以上、相手をコントロールすることはできません。

鏡の中の自分を変えるには、自分で決めて自分で行動するしかありません。

いろんな現実は起こるけど、それは全て自分が好んで引き起こしていることです。

 

目の前の現実に

身体と感情が反応する。

そしてその身体と感情の裏にある自分の観念に気づく。

それに気づいた上で、

 

「俺は何が何でもこうありたいんや!!」

 

と決めて行動する。

ある意味、反吐が出そうな作業の毎日とも言えます(笑)

 

でもそんな毎日が愛おしくて楽しい。

 

パートナーシップで起こることあれこれ全部楽しむあり方が、

パートナーシップを楽しむあり方です。

 

ということで、のりけんは体づくりもこんな感じで楽しんでます♪

 

毎日わっしょい❤️のりけん祭り❤️