けんいちは、どうやら私が構わないと死ぬらしい。

ワールドカップ日本代表の初戦の今夜。

のりけんハウスでは、違う戦いが繰り広げられていた。

遅めの夕飯を外食で済ませ帰ってきてすぐ
けんいちが、「心臓辺りに違和感がある、痛い…」
と訴え横になりだした。

これはひとまず“お手当”だなっと思った私は
すかさずアロマボックスを持ち出し
けんいちの心臓にアロマをポタポタ塗り
ゆっくりと手を添えてお手当。

するとけんいちは、すぐさま
「楽になってきた〜〜
のりちゃんに触って欲しかったってことだ!」
とご機嫌になりだした。

確かに最近、レスだったし
コミュニケーション不足だったかもしれない…
と反省はした。

のは一瞬で、

「もうそろそろ(手を離して)いい?」
という私の問に
鼻の下をだいぶ伸ばしながら
「あと10分。いや、後半戦が終わるまで…」
と超絶甘えてくるけんいち。

「なんでそんなに甘えるの?」
と聴くと

「初めて甘えさせて貰えてるからだよ」
と、納得させられるような、
ただの人たらしのような、
紙一重の答えだ。笑

それが、我が旦那、けんいち。

この人はきっと、
私の反応、対応、態度、表情、
すべてを察知していて
それでもって安心するのかもしれない。

ってことで、けんいちさんに
大丈夫だよ♥って伝えるためにも
明日はゆっくりイチャイチャしよう!

毎日わっしょい♥のりけん祭り〜〜(^o^)